スポンサーリンク
VRS F/A-18E

VS(Velocity Search:速度捜索)モードについて

VS(Velocity Search:速度捜索)モードは本来RWSモードやTWSモードでは探知不可能な、遠距離から接近する敵機を捕捉するために設けられたモードです。そのため距離よりも接近速度を重視したモードになっています。 基本的には...
VRS F/A-18E

TWS (Track While Scan:捜索中追尾) モードについて

TWS (Track While Scan:捜索中追尾) モードではレーダーレンジが46nm(約85km)以内で最大10目標を追尾し8目標を同時攻撃可能な能力を有しており、特にAIM-120で複数目標を同時攻撃する際に使用します。 ...
VRS F/A-18E

RWS (Range While Search:捜索中測距)モードについて

RWS (Range While Search:捜索中測距)モードは、もっとも標準的な空対空レーダーモードです。 広範囲の目標探知能力に優れています。 DDI画面の左上(黄枠)にレーダーの作動状態(OPR:正常)が表示されています...
VRS F/A-18E

RDR(空対空レーダー)について

VRS F/A-18EでRDR(A/A Radar:空対空レーダー)を使用するには、右コンソールにある「 SNSR 」パネルの「 RADAR 」ノブを「 OPR 」にセットします。
VRS F/A-18E

CMDS(対抗手段散布システム)について

VRS F/A-18EのTAC画面からこのCMDSプログラム編集サブページへ行くと、ALE-47 CMDSがチャフとフレアを放出する際の放出パターンを設定することが出来ます。
VRS F/A-18E

EW(電子戦)について

VRS F/A-18EのTAC画面からEWページへ行くと、周囲の脅威となるレーダーに対する警戒やミサイルに対する妨害など、主に防御に関する情報表示と各種防御装置の操作等が行えます。
戦闘機

F/A-18を比較その1

F/A-18を比較その1として、Microsoft(拡張パック:栄光の翼)のF/A-18とVRSのF/A-18Eのコックピット(センターコンソール)をちょっと比較してみました。
戦闘機

F-16を比較その1

F-16の比較その1として、AerosoftのF-16とIRISのF-16Dのコックピット(センターコンソール)をちょっと比較してみました。
航空雑学

飛行方式

航空機の飛行方式には、パイロット自身の判断で飛行できるVFR(Visual Flight Rules:有視界飛行方式)と、常に航空管制機関の指示に従って飛行するIFR(Instrument Flight Rules:計器飛行方式)があります。
航空雑学

エレベータ(昇降舵)

ビルやデパートのエレベータと同じですから、昇降に使うことが直感的にもわかるでしょう。エレベータは、機首の上下運動であるピッチ(機首上げ、機首下げ)を調整します。
スポンサーリンク