より正確な方位を知るVOR

NDBは低い周波数の電波を使っているため、電波の受信範囲も狭く、悪天候だと誤差が生じます。そこでVHF帯という高い周波数の電波を用いているのが、VOR(VHF Omnidirectional Range:超短波全方向式無線標識)。

VORでは基準になる電波と、方角によって周波数が異なるふたつの電波を使い、方角の精度を高めています。
vor
VORのほとんどがVOR局と同じ位置に、DME(Distance Measuring Equipment:距離測定装置)又は軍用のTACAN(Tactical Air Navigation:戦術航法装置)とセットで使われ、NDB同様にそれぞれに周波数が割り当てられています。

コクピットでは、目的のVOR局に周波数を合わせることで、無線磁方位指示計にVOR局の方向が表示されます。さらに、VOR局に向かっている場合はTOが、遠ざかっている場合はFROMが合わせて表示されます。