DME(距離測定装置)

距離を知るDME(Distance Measuring Equipment:距離測定装置)

たいていVORとセットになっているDME。

超短波全方向式無線標識施設(英語: VHF Omnidirectional Range、VOR)は、VHF帯(超短波帯)の電波を用いる航空機用無線標識。標識局を中心として航空機がどの方向にいるかを知ることができる。多くの場合DMEと併設される。

電波を使って航空機とDME局の距離が計算され、コクピットの水平位置表示計に示されます。

VOR単体では「ぶいおーあーる」、DME単体では「でぃーえむいー又はでめ」と呼びますが、VOR/DMEが併設されている場合は「ぼるでめ」と呼ばれます。

またVOR/DME局と機能は同じものの距離の測定方法が異なる、VORTAC(ぼるたっく)という電波標識もあります。

このように、VOR/DMEやVORTACの方角と距離、そしてこれらの位置が記された地図があれば、空を飛んでいて迷子になることはありません。

スポンサーリンク