ラダー(方向舵)

垂直尾翼の後縁にある小さな翼がラダー(Rudder:方向舵)。

この翼の役割は、機首の向きを変えてやること。ただ大きく進路を変えるには、エルロン(補助翼)を使い、ラダーは補助的に使います。

エルロンとは、飛行機をバンク(横転、ロール)させるのに使う動翼である。

ラダーが活躍するシーンは、おもに横風を受けた時などです。

横風を受けると、機体は左右に流されてしまいます。そこでラダーを操作して、風の吹いてくる方向に少し機体を傾けます。

ちょうど右の図のような姿勢で飛行。
すると、機体を斜めに向けながら進路に対してまっすぐ飛行できるのです。また滑走路に横風が吹いているときも同じテクニックを使って、クラブ(蟹)ランディングという非常に高度な着陸方法があります。

ラダーは、コクピットの足元にあるラダーペダルで操作します。

機首を右に向けるには右のペダルを、左に向けるには左ペダルを踏み込みます。

ジョイスティックでは、スティックを左右にねじります。

飛行経路で常に横風が吹いている場合は、ペダルを踏みっぱなしでは疲れてしまいます。このとき、ラダートリムを操作すると、ペダルを離してもラダーの位置が固定されます。

スポンサーリンク