Aerosoft F-16 Fighting Falcon

アドオン

管理人が購入したアドオンの戦闘機を紹介します。

2008年10月22日にAerosoftからF-16 Fighting FalconがFSX用として発売されました。
Flight Simulation
Enjoy a unique flight feeling on PC and sit down in an virtually real cockpit! Explore detailed airports all over the world and be inspired by the…


こちらも有料版だけあって、結構リアルです。

チェックリストに沿って、エンジンを始動した時にはちょっと感動しました(笑)

グラマンのF-14だと、外部コンプレッサーを接続してエンジンスタートするんですが、F-16J F S(Jet Fuel Starter)という一種のAPU(Auxiliary Power Unit)みたいなスターターが付いているので、外部電源やコンプレッサー車等を接続しなくてもエンジンが始動できるんです。
※もちろん戦闘機の場合だと、APU等のスターターが無くても緊急時にはスタートできる装置が組み込まれています。

もちろん航法装置も充実しており、フライトが楽しみです。

ちなみに、購入金額はsimMarketにてダウンロード版で2,908円 [$30.97]でした。
simMarket: Flight Simulation Add-Ons - MSFS, P3D, FSX, XPLANE
Flight Simulation Add-Ons - MSFS, P3D, FSX, XPLANE.

このアドオンも良く出来ていますが、「 Iris F-16D Fighting Falcon 」を追加した後では、ちょっと物足りなくなりました。
Iris F-16D Fighting Falcon
2009年8月にIrisからProシリーズとしてTriple Six Design Studioによる「 F-16D Fighting Falcon 」が発売されました。2年以上の開発期間を経て詳細で綿密なモデルに仕上がったこの機体によって今まで経験できなかったF-16のシミュレーションが可能になっています。

しかし、レーダーで航空機をロック出来るのは良かったです。

コメント